/ posted by yamayoko

FIT INNOVATION LAB JAPAN.001 [ナカムラユキさん]

ナカムラユキさん

FIT INNOVATION LAB JAPAN.001 ナカムラユキさんの講演のメモです。
注意:私の解釈を加えた上で記事にしています。

=============================================================
講演2 ナカムラユキさん 「Fashion×ECの現状と未来」〜Fashion ECよ安らかに眠れ〜
=============================================================

【1】ファッション×ITのin fashionを更新停止した理由

2011年 ファッションとウェブにセグメントしたメディア”in fashion”を立ち上げた
in-fashion.biz/

→2011年、当初ファッションECの価値が認められていなかった。そんな状況を打破すべくメディアを立ち上げた
→→ファッションECというマーケットが成長し、通販で洋服が売れるという認識がされた。ミッションを達成したので更新停止。

【2】ファッションECマーケットの変遷

[PHASE1]  2001~2009  ゆっくりとした売り場としての認知
[PHASE2]  2010~2012  急激な市場拡大
[PHASE3]  2013~2015    停滞期
[PHASE4]  2016年以降  大きな変化はここから?

【3】ファッションECとはどんな立ち位置?

ブランドビジネス構成
・販路(店舗/EC)
・顧客
・価値
・金
・プロダクト
・情報
・顧客

→ファッションECは上記のうちあくまで1要素。これだけに注力してしまうと危険。結局プロダクトの話になる

【4】ブランドビジネスとは?

コンセプトが不明確なブランドが多い。→ファッションEC1要素でどうこうできる問題ではない
*ブランドコンセプトをブランド毎に並べて比較。日本語が破綻しているほど曖昧なコンセプトもあった。

【5】ではどうすれば良いか?

2016年以降は、ブランドとしてどうすべきか、コンセプトをどう設定すれば良いか、
プロダクトをどうすべきかを考えて展開していくべき。
ある企業のコンセプト「ファッションをテーマにテクノロジーを活用し、ビジネスに繋げる。」真理ではないか。

ブランドビジネスの中でファッションECをどう活用するか再考する時期である。

Similar Posts

Share This Post

Facebook Page

お問い合わせはこちら


コンサルティングや運用サポートに関するご質問/ご相談はこちら。

 運営者情報  yamayoko.com/about-me
 お問い合わせ yamayoko.com/contact

Adsense