/ posted by yamayoko

ローソンの弁当に学ぶブランディング

ファッションブランドにとってブランディングは最も重要な要素になってくる。

今回は洋服以外でブランディング事例を紹介したいと思います。

ローソンのコンビニ弁当に「郷土のうまい!」というシリーズがあるのですが、こちらが期待しているクオリティを上回るパフォーマンス。

一定のスパンで新しい弁当が発売されるのですが、どれも美味しい。

この経験を繰り返すことで「郷土のうまい!」シリーズに寄せる信頼はより強くなる。

700円支払う対価が保証されているので安心して購入することができます。
外れるという恐れがないのです。

また、他人に進めても外れがないので自身を持ってオススメすることができます。

アパレルのブランドの場合は、このブランドの商品の場合20000円の対価としてこれぐらいの素材感、着た時に演出できるイメージが得られると無意識に計算される。

趣味趣向が特に多用なカテゴリーゆえ、ある一定の方向性を保ってアウトプットを作ること、顧客を裏切らないことが特に重要なのである。

Similar Posts

Share This Post

Facebook Page

お問い合わせはこちら


コンサルティングや運用サポートに関するご質問/ご相談はこちら。

 運営者情報  yamayoko.com/about-me
 お問い合わせ yamayoko.com/contact

Adsense